天草限定価格にて

 既製品の装具の価格を変更しました。

膝サポーター・足関節サポーター・指装具等

 患者さんも 健康保険側の方、負担額減。お楽しみに!


 例1、膝の靭帯損傷等、特に学生を中心に激しい運動にも耐えられそうなゴッツイ膝装具、両側支柱。

一般的な装具屋さんで購入すると、¥10万円強の請求が来ます。弊社は¥9万円程に抑えました。


 例2、膝の靭帯損傷等、支柱付きサポーター類、ACL・PCL・MCL・LCL等

一般的な装具屋さんで購入すると、¥3万3千円程の請求、弊社は¥2万2千円程に抑えました。


 既製品の装具ですから、どこの装具屋さんで購入しても同じ商品ですから、わざわざ高い装具を買う必要はありません。


例1・2共に¥1万円程(なんだ、1万しか安くないじゃんと、言う方)自己負担では、¥3千円、健康保険料が¥7千円が、必要なくなる。只、弊社の利益が減っただけ。(厚生労働省の指導は価格の上限額のみ、安くしてはいけないとは、記入されてない。)すべての装具屋が上限額にて請求中。


次回・・・装具の見積り方法について。

2020年02月14日更新