先日、熊本市内の病院から術後安静の為、足関節サポーター(両側にプラスチックで挟み込むタイプ)を装着してこられた患者さんに、痛みがあるので、装具を見てほしいと相談がありました。

 足関節が内反変形(外くるぶしが、外側に飛び出したような変形)がある患者さんに対して、既製品を調整なしで納品した装具屋さんが熊本市内にいるみたいです。

 皆さん気を付けましょうね!

 今では、弊社の調整後、痛みも少なくなりリハビリに頑張っておられます。

2019年06月12日更新
キーワード: 痛み